2013年10月17日

新地町地域学校保健委員会

 新地町には、町内の小中学校、PTA、学校医、教育委員会等で構成されている、地域学校保健委員があります。今年は、3年計画の3年次として、急速なメディアの発達や震災による子どもたちへの影響を懸念して、「望ましい生活習慣とメディアとのつきあい方」という研究主題で取り組んでいます。
 昨年度、児童保護者にアンケートをとり、その中で大きな課題として出てきたのが、「平日のゲーム使用時間」です。
                    【実施人数:新地町小学生452名】
無題.jpg

 中学年・高学年の約3割が平日に、1時間以上ゲームを行っていることがわかりました。
 長時間のゲームは、前頭葉を刺激し、集中力がなくなったり、感情をコントロールできなくなることが分かっています。
 新地小学校の児童保健委員会では、月に一度、テレビ放送を利用して、劇や紙芝居などで、健康課題について呼びかけをしています。そこで、10月のテレビ放送では子どもたちにメディアのつきあい方を見直してもらうために、「メディアのつきあい方を考えよう」というテーマで、劇を行いました。
すこやか .jpg
  保健委員会の児童は、昼休みの時間を利用して、一生懸命劇の練習をし、テレビやゲームの正しい使い方について、呼びかけました。
すこやか.jpg
子どもたちのメディアとのつきあい方が、少しでも改善すると良いなと思います。
posted by かんかい at 08:18| 福島 ☁| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

薬物乱用防止教室

 本校に薬物乱用防止キャラバンカーが来ての薬物乱用教室を行いました。これは、福島県の薬物乱用防止キャンペーンとして、小学生高学年の子どもたちにシンナーなどの薬物の他に煙草や酒などが体に及ぼす害について理解を深めることを目的に行っています。
 新地小では6年生が保健福祉事務所の方からの話を聞いたり、キャラバンカーで写真やビデオをみたりして薬物が体に与える悪影響について学習しました。
 ご存じのことと思いますが、脱法ハーブや大麻などの薬物乱用は年々増加する傾向にあり、中学生や高校生にも広がってきています。これは決して東京や大阪などの大都会のことだけでなく、福島県でも同様の傾向が見られ、浜通りではいわき地区での脱法ハーブ乱用が増加傾向にあるそうです。薬物には絶対手を出さない勇気 薬物への正しい知識 誘われても断る勇気 について、今後も機会をとらえ指導していきますので、ご家庭でもご家族で話し合っていただければと思います。
posted by かんかい at 00:00| 福島 | 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月15日

読書の秋です

 早いもので、2学期も約半分が終わりました。山の木々も徐々に色づき始め、秋本番を迎えようとしています。秋といえばスポーツの秋、食欲の秋、芸術の秋、読書の秋…といわれるように何をするにしても絶好の季節となりました。
 そこで、秋の読書週間の取り組みとして、新地小では“親子読書”を行います。親子で一冊の本を読み、感想を児童が書きまとめます。忙しくてなかなか親子一緒に本を読むという時間を作るのが難しいご家庭もあるかと思います。しかし、子どもにとって親子で一冊の本を一緒に読み、感想を伝え合うという経験は、大人になっても忘れられない思い出として残るのではないでしょうか。また、この経験が今まで以上に本に興味をもったり言葉について関心が高まったりするきっかけになるかもしれません。全国学力・学習状況調査の結果からも、学力の高い子どもほど読書をする時間が多いという結果が出ています。読書好きな子どもを増やしたいものです。
 親子読書の感想提出が今月末となっていますので、一冊で結構ですので是非取り組んで頂きたいと思います。お父さんやお母さんが小学生の頃読んでよかった本なんかをお子さんに紹介し、その本を一緒に読むことができれば、子どもも興味をもって読書に取り組むようになるのではないかと思います。よろしくお願いいたします。
posted by かんかい at 00:00| 福島 | 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

学校・家庭・地域で子どもを育てましょう!

 スウェーデンの中学校の教科書ですが、様々な詩の中にこんな詩があります。
      「子ども」
  批判ばかりされた子どもは、避難することを覚える
  殴られて大きくなった子どもは、力に頼ることを覚える
  笑いものにされた子どもは、ものを言わずにいることを覚える
  皮肉にさらされた子どもは 鈍い良心の持ち主となる
  しかし、激励を受けた子どもは 自信を覚える
  寛容であった子どもは、忍耐を覚える
  賞賛を受けた子どもは、評価することを覚える
  フェアプレーを経験した子どもは、公平を覚える
  友情を知る子どもは、親切を覚える
  安心を経験した子どもは 信頼を覚える
  可愛がれ、抱きしめられた子どもは 世界中の愛情を感じることができる

  先日、福島市で開催された東北PTA研究大会にPTA会長と出席してきましたが、参加した分科会「健全育成」のパネリストから「規範意識」についてこんなお話がありました。
 「親(大人)がルールを平気で破っていたら、子どもがルールを守るわけがありません。喫煙が禁止されているところでも平気にたばこを吸う。公共交通機関の中で携帯電話を使う。等々、我々大人(親)は、常に子ども達に見られています。子ども達が大人を分析するのは鋭いです。「子どもだから・・・」と軽く考えていると、とんでもないことになります。今こそ、子育てをしている我々自身が、自分たちの日頃の行動を見つめ直し変わらなければならないと思います。」
 子どもに対して大人(親)や地域社会がどのように関わっていくのか。どう導いていくのかによって子どもは変わっていきます。詩の    を覚える子どもに育てるため、学校の役割、家庭の役割、地域の役割をしっかり果たすことが大切ではないでしょうか。
 毎朝校門前で「おはよう」と声をかけると元気よく挨拶を返してくれる小学生がとても増えてきました。そして中学生や高校生も今では恥ずかしがらずに挨拶を返してくれます。一日が始まる朝、明るく元気に声をかけ合うことで心と心がつながり、安心感を得るような気がします。『安心を経験した子どもは 信頼を覚える』。被災地の新地町だからこそ家庭だけでなく、社会(町)全体で子どもに安心を経験させたいものです。
posted by かんかい at 00:00| 福島 | 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

水泳記録会(1.2年)

今日は1.2年生の水泳記録会。今朝の気温は22℃。昨日とはうってかわって肌寒い朝です。
体調を考え1時間遅らせて3.4校時の実施としました。
曇り空の下、多くの保護者の皆さんに応援していただき、どの子も一生懸命ゴール目指して挑戦する姿が見られました。

P1000506-1.jpg
13m自由泳ぎ

P1000495-1.jpg
保護者のみなさん、応援ありがとうございます!

P1000496-1.jpg
きれいなバタ足でぐんぐんすすみます(2年生の25mバタ足)

本番は、練習の時よりも記録が向上した子どもが多く見られました。
1.2年生、よくがんばったね。

posted by かんかい at 17:36| 福島 ☀| 学校生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。