2014年03月07日

感染症の予防についてA TV放送 (児童会健康委員会)

 本日の新地小学校のインフルエンザによる出席停止者の人数は5名です。先週は、多い日で26名の出席停止者がいたため、徐々に減少傾向にはありますが、今後も注意が必要です。
 3月4日のテレビ放送「すこやか」では、健康委員会の児童がインフルエンザの予防を図るため、正しい手の洗い方を呼びかけるために劇を行いました。

ろぼっと ズボン.png
ロボット「この子は、手を洗った後、ズボンで手を拭いています。」


ろぼっと ハンカチ.jpg
ロボット「この子は、きちんとハンカチで手を拭いています。しかし、ハンカチを3日以上洗っていません。」


手.jpg
見た目はきれいに見えるこの子たちの手を、魔法の水につけてみると、ばいきんがたくさんついていることが分かりました。


無題.jpg
手洗いの歌と一緒に、手をきれいに洗って清潔なハンカチで拭くと、この子たちの手もきれいになりました。
全員集合.jpg
今月のテレビ放送「すこやか」は6年生が担当しました。


今年度のテレビ放送「すこやか」は終了しましたが、来年度も児童健康委員会は、みんなが健康で元気に学校生活が送れるように活動していきます。





posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

感染症の予防について(児童健康委員会)

 本日の感染症での出席停止者は、インフルエンザの児童1名と溶連菌感染症の児童1名となっています。インフルエンザは県内、そして相双地区でも流行が見られており、本校でも今後流行することを懸念し、手洗い・うがい・マスク・アルコール消毒の指導の徹底を図っているところです。そんな中、児童健康委員会の児童がテレビ放送で、劇によってインフルエンザとかぜとノロウイルスの予防について呼びかけるための劇を行いました。





風邪菌.png
 ノロウイルスとインフルエンザウイルスとカゼのばい菌が登場しました。
インフル・かぜ「俺たちは、空気中やドアノブやスイッチなどにへばりついているよ。」
ノロ「俺は、トイレや誰かが吐いた物の中に集団で住んでいるぜ。」 







ノロウイルス.png
 ばい菌たちを、退治するためにアルコール消毒をかけましたが、ノロウイルスだけは逃げて行きません。
ノロ「わーはっは。ノロウイルスのオレ様には、アルコール消毒は効かないのだ。」







村上先生.png
 栄養技師からは、風邪を引かないための二つのポイントの指導がありました。
ポイント1 栄養バランスの良い食事
ポイント2 あたたかいメニューで体を冷やさない





hokennsidou.png
 養護教諭からは、ウイルスが好きな場所と、その対策についての指導を実施しました。


 子どもたちが自分の体に関心を持って、健康を考えた生活ができるよう、これからも児童健康委員会は活動していきます。



全員集合.png
 今月のテレビ放送は、児童健康委員会の4年生が担当しました。
posted by かんかい at 08:48| 福島 ☁| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月13日

食育 〜「和食のススメ」日本の心、子どもたちにも〜

 児童会保健委員会が行っている、月に一度のテレビ放送「すこやか」では、12月4日に無形文化遺産に登録された和食について取り上げました。H25 すこやか 無形文化遺産.jpg
 和食が無形文化遺産に登録されたのは、料理だけではなく、伝統や文化、作法や社会的習慣、そして日本人の和の心が認められたためだそうです。日本人の「おもてなしの心」も、食の習慣から生まれたものです。世界に認められた日本の和の精神を、もっと子どもたちへ伝えていき、郷土を愛する心を育てて行きたいと思います。
 また、日本の食事作法の一つとして、「いただきます」「ごちそうさま」の挨拶があります。今月のテレビ放送で行った生活の反省では、以下のような結果がでました。
  H25 すこやか aisatu.jpg挨拶 グラフ.jpg

 多くの児童が、心を込めた食事の挨拶が毎日できたと回答しました。
家庭でも、日本の食事作法、そして日本独自の文化である、食事の挨拶を、感謝の心を持って言ってほしいなと思います。

 
 今回のテレビ放送は、児童会健康委員会の5年生が担当しました。004.jpg

posted by かんかい at 15:06| 福島 ☀| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月17日

新地町地域学校保健委員会

 新地町には、町内の小中学校、PTA、学校医、教育委員会等で構成されている、地域学校保健委員があります。今年は、3年計画の3年次として、急速なメディアの発達や震災による子どもたちへの影響を懸念して、「望ましい生活習慣とメディアとのつきあい方」という研究主題で取り組んでいます。
 昨年度、児童保護者にアンケートをとり、その中で大きな課題として出てきたのが、「平日のゲーム使用時間」です。
                    【実施人数:新地町小学生452名】
無題.jpg

 中学年・高学年の約3割が平日に、1時間以上ゲームを行っていることがわかりました。
 長時間のゲームは、前頭葉を刺激し、集中力がなくなったり、感情をコントロールできなくなることが分かっています。
 新地小学校の児童保健委員会では、月に一度、テレビ放送を利用して、劇や紙芝居などで、健康課題について呼びかけをしています。そこで、10月のテレビ放送では子どもたちにメディアのつきあい方を見直してもらうために、「メディアのつきあい方を考えよう」というテーマで、劇を行いました。
すこやか .jpg
  保健委員会の児童は、昼休みの時間を利用して、一生懸命劇の練習をし、テレビやゲームの正しい使い方について、呼びかけました。
すこやか.jpg
子どもたちのメディアとのつきあい方が、少しでも改善すると良いなと思います。
posted by かんかい at 08:18| 福島 ☁| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

生活習慣病予防検診

 本日、4年生を対象とした生活習慣病予防検診がありました。
これは、早い時期に生活習慣病になるのを防ぎ、健康な将来を築くことを目的に実施されています。

 検査項目は、血圧測定と採血...
 4年生の子どもですので、「人生で初めての採血」という子どもがほとんどで、毎年、怖くて涙を流す児童が数名います。
 しかし、今年の4年生は、誰一人涙をこぼさず、スムーズに検診が終了しました。

CIMG1604.JPG

 子どもたちの中には、野菜嫌い、肉好き、スナック菓子等の間食が多い、運動不足などの、生活習慣病につながるような特徴がある子も見られます。大人の場合は、アルコールやたばこが要因として加わります。

 食生活は、大人も子どもも一緒に、家族ぐるみで改善していくことが必要です。

 新地小学校では、児童会健康委員会による取り組みで、「すこやか」というテレビ放送を、朝の時間に実施しています。月の保健目標に沿った内容で、月に1回実施されるのですが、9月の「すこやか」が明日で、「生活習慣病」についての劇が放送される予定です。
 生涯にわたって健康な体を手に入れるために、学校でも、今後さらに充実した指導をしていきたいと思っています。

posted by かんかい at 16:29| 福島 ☁| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。