2014年03月12日

防災教室 〜東日本大震災から3年〜

 3月11日(火)の2校時、観海ホールで防災教室を行いました。東日本大震災が発生した3月11日に、地震や津波などの災害から身を守るために必要な知識や行動力を高めることを目的に毎年実施しています。
 今回、校長の話として震災から学んだこととして特に2つのことについて話しました。
 1つは、私たち人間は、災害から命を守るため、避難訓練などの準備をしっかりして、もし災害が起きたら学習したことを生かして素早く行動できるようにならなければならないこと。
2つ目は、困っている人に親切にしたり助け合ったりする行いは、人間が人間として生きていく上でとても大切なことであり、それはとても美しい行いであるということ。だから、今日3月11日、自分は災害が起こっても安全に避難できるだろうか、優しい心で友だちを付き合っているだろうか一人ひとりが振り返り、これから何をしたらいいか確認してほしいと話しました。
その後全員で亡くなった方々へ黙祷を捧げ、4・5・6年生の代表が『震災後3年間の記録 心の絆集』に載せた作文を発表しました。また、岩手県釜石市の小学生が誰一人犠牲とならなかった「釜石の奇跡」をアニメ化したDVDを観て、安全な避難の仕方について学習しました。s-P1070113.jpgs-P1070112.jpg
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

キャリア教育の取り組みから

 2月26日(水)、6年生でキャリア教育の取り組みの1つとして郡山市にある国際アート&デザイン専門学校から講師を招いて声優になるための活動の実体験をしました。
声優という職業は、子ども達が将来なりたい職業でとても人気のある職業なので、講師の方からの話にもほとんどの子どもが真剣に聞きいっていました。そして、声優になるためには体力が必要であることとか、毎日2,3時間のボイストレーニングが大切であることなどを聞き、少し驚いていたようでした。また、実際にアニメの原稿を読む体験をしましたが、とても上手に読む子どもが多く、講師の方も驚いていました。終了後、「今まで行った小学校で一番上手でした。」という話もいただきました。
 キャリア教育とは、子ども達一人一人の職業観や勤労観を育てる教育のことで、昨年9月に全学年が様々なところに出かけ、牛や山羊の世話をしたり、かまぼこ工場で実際にかまぼこを作ってみたり、福島大学を見学したりした体験学習もキャリア教育の一環として取り組んだものです。
 今の子どもたちは、インターネットやテレビなど情報機器の発達で、様々な情報は入手しやすくなり家にいながらまるで実際に体験したかのような疑似体験ができるようになった反面、自分の力で道を切り開いていくという実体験や生活体験が乏しくなったといわれています。いろいろな職業の人や大人との触れ合い、その人の生き方や価値観などを学ぶことで、今の学びが自分の将来や職業につながるということを知り、自らの生きる力を高めていこうとする意欲を高めさせていきたいと考えています。s-P2260002.jpg
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

小さな親切運動実行者表彰

 2月24日(月)に新地小学校校長室で「小さな親切」実行者へ、東邦銀行相馬支店長から表彰状と実行章の贈呈が行われました。
 「小さな親切」運動とは、昭和38年に心の豊かさと人間を大切にする思いやりの「心の芽」を育てようとスタートした運動です。周囲の人への思いやりや勇気づけるような行為など、普段見過ごしがちな「小さな親切」を讃えるものです。この歴史ある運動で、本校から6年生と4年生の3名が表彰されたことは、今年度の道徳教育のなかで「思いやりのある言動」を重点の1つとして指導してきたこともあり大変嬉しく思っています。
 全校朝会では3名の受賞を紹介し、3名が行った行為の素晴らしさや大切さについて話しました。今後もこのように相手を思いやり勇気をもって行動できる子どもたちが増えるよう指導していきたいと思います。
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

日本PTA全国協議会会長表彰受賞

aK4mpV7hejwUvvy1386647010_1386647845[1].jpg
 11月19日(火)ホテルニュー・ニューオオタニで秋篠宮同妃両殿下や山崎参議院議長、下村文部科学大臣等のご臨席のもと日本PTA全国協議会創立65周年記念式典・表彰式が行われ、PTA会長と校長とで出席してきました。PTA会長には、全国の受賞団体を代表して表彰状が授与されました。
今年度は、創立65周年記念式典ということで特別表彰の受賞者が多いということもあり、受賞団体代表1校に新地小父母と教師の会が選ばれました。全国表彰を受けるだけでも大変名誉なことですが、47都道府県119団体を代表してPTA会長が登壇し、表彰状を授与する光景に大変感動し、改めてすごい賞をいただいたこと、そしてこれまでの新地小学校父母と教師の会OBの方々や現会員の方々のご尽力の賜であることに感謝の気持ちで一杯になりました。皆様で受賞の喜びを分かち合いたいと思います。
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月12日

感動!学習発表会

HBmC4T0bSazkiVu1386637086_1386637121[1].jpg台風接近のため10月26日の平成25年度学習発表会が実施できるかとても心配しましたが、天気も荒れることなく、多くの保護者の皆様や地域の方々、ご来賓の皆様方にお集まりいただき盛大に開催することができました。
 手話も交えた全校合唱「世界に一つだけの花」で幕が開いた今年の学習発表会をご家族の方々はどのように感じられたでしょうか。
 本校の今年の重点目標は『自分の考えを伝えよう』です。自分の考えや思いを言葉だけでなく、様々な表現で伝えることができる力を高めたいと考え、全教育活動で取り組んでいます。今回の学習発表会でも、相手に伝えたいという思いをもって子ども達は一生懸命に表現していたと思います。参観していた方々からは、
「楽しく参観しました。子ども達の堂々とした発表には感激しました。」「どの学年も大きな声で発表していて素晴らしかったです。」「とても感激しました。特に劇で演じていた子ども達の姿には感動しました。」「どの学年も子ども達の一生懸命さが伝わってきて、着実に成長している姿に感激しました。」など、お褒めの言葉をいただきました。今回の学習発表会に満足することなく、今後も自分の考えをしっかり、はっきり相手に伝えることができる力を育てていきたいと思います。
posted by かんかい at 00:00| 福島 | 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。