2014年08月26日

第2学期スタート

37日間の夏休みが終わり、子ども達が元気に登校してきました。体調を崩し4名の児童が欠席しましたが、220名の子ども達の元気な挨拶で始めることができた始業式、とても嬉しく思いました。特に今年の夏休みは自然災害のため広島や京都など全国各地で尊い命が失われたり、家などを失ったりと大変つらく悲しい思いをされた方々が大勢いらっしゃいます。また、川や海遊びをしていて事故に遭った小中学生もいます。ですから本校の子ども達が事故無く楽しく夏休みを過ごせたこと、本当に嬉しく思います。
始業式での校長の話では、81日間の2学期を楽しく充実した学校生活が送れるよう3つのことを守って過ごすように話しました。1つは、今回の自然災害からわかるように、災害はいつ起きるかわからないので、避難訓練や防災教室などで学んだことを生かし、一人ひとりが自分の命を守るための行動をとれるようにすること。2つめが、学習内容が最も多い学期なので、自分から進んで学習ししっかり知識や技能などを身に付けること。3つめが、楽しく学校生活を送るため、友だちと協力したり助け合ったりして過ごすこと。友だちが悲しい思いをして涙を流すようないじめは絶対にしないこと。この3点について話しました。ご家庭でもこの3点についてお子さんから話を聞く機会を設けていただければと思います。001_R.JPG
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。