2013年10月17日

薬物乱用防止教室

 本校に薬物乱用防止キャラバンカーが来ての薬物乱用教室を行いました。これは、福島県の薬物乱用防止キャンペーンとして、小学生高学年の子どもたちにシンナーなどの薬物の他に煙草や酒などが体に及ぼす害について理解を深めることを目的に行っています。
 新地小では6年生が保健福祉事務所の方からの話を聞いたり、キャラバンカーで写真やビデオをみたりして薬物が体に与える悪影響について学習しました。
 ご存じのことと思いますが、脱法ハーブや大麻などの薬物乱用は年々増加する傾向にあり、中学生や高校生にも広がってきています。これは決して東京や大阪などの大都会のことだけでなく、福島県でも同様の傾向が見られ、浜通りではいわき地区での脱法ハーブ乱用が増加傾向にあるそうです。薬物には絶対手を出さない勇気 薬物への正しい知識 誘われても断る勇気 について、今後も機会をとらえ指導していきますので、ご家庭でもご家族で話し合っていただければと思います。
posted by かんかい at 00:00| 福島 | 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。