2013年10月17日

新地町地域学校保健委員会

 新地町には、町内の小中学校、PTA、学校医、教育委員会等で構成されている、地域学校保健委員があります。今年は、3年計画の3年次として、急速なメディアの発達や震災による子どもたちへの影響を懸念して、「望ましい生活習慣とメディアとのつきあい方」という研究主題で取り組んでいます。
 昨年度、児童保護者にアンケートをとり、その中で大きな課題として出てきたのが、「平日のゲーム使用時間」です。
                    【実施人数:新地町小学生452名】
無題.jpg

 中学年・高学年の約3割が平日に、1時間以上ゲームを行っていることがわかりました。
 長時間のゲームは、前頭葉を刺激し、集中力がなくなったり、感情をコントロールできなくなることが分かっています。
 新地小学校の児童保健委員会では、月に一度、テレビ放送を利用して、劇や紙芝居などで、健康課題について呼びかけをしています。そこで、10月のテレビ放送では子どもたちにメディアのつきあい方を見直してもらうために、「メディアのつきあい方を考えよう」というテーマで、劇を行いました。
すこやか .jpg
  保健委員会の児童は、昼休みの時間を利用して、一生懸命劇の練習をし、テレビやゲームの正しい使い方について、呼びかけました。
すこやか.jpg
子どもたちのメディアとのつきあい方が、少しでも改善すると良いなと思います。
posted by かんかい at 08:18| 福島 ☁| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。