2012年03月05日

放射線に関する質問に答える会

3月2日、授業参観、PTA総会の後に開催された「放射線に関する質問に答える会」には、約100名の保護者が参加し、日頃から感じている放射線に対する不安や心配に対して、新地町の現状についての説明を受けました。
今回説明を担当したのは「日本原子力開発機構」の研究者4名の方々です。 

<説明の概要>
 ・放射線の特性
 ・新地町の放射線量について
 ・将来に渡っての低線量による健康被害
 ・給食の食材
 ・基準値の在り方
 ・その他
 
事前に受け付けた質問事項だけでなく、会の中でも、また会終了後にも多くの保護者の質問が出てきました。

この環境下で生活を続けていく子供たちを持つ親としては、心配はつきることがありません。
今回は、原子力関係者から直接話を聞くことで、新地町に住む私たちの今後の生活について考える一つの機会となりました。

放射線説明 320−1.jpg
posted by かんかい at 18:21| 福島 🌁| 放射線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。