2014年05月08日

トマトとピーマンの苗植え

今年もJAバンク福島及びJAそうまの「食農教育応援事業」からのご協力をいただき、各学年で総合的な学習の時間や生活科、家庭科などの学習の中で農業や食に関する活動を行います。
 5月7日(水)には3年生がプランターにピーマンの苗を、8日(木)には2年生がトマトの苗植えをしました。
JAそうまの事業担当の方から苗の植え方や肥料の与え方、管理の仕方などを教えていただきながらグループごとに子ども達自身の手で植え付けを行いました。どのグループも教えていただいたことをよく守り、上手に行うことができていました。
 トマトやピーマンを苦手とする子どもは多い傾向ですが、自分たちの手で育てた野菜は苦手としている野菜でも食べることができた子どもが多いと聞いています。直接に体験することで、子どもは影響を敏感に受けやすく、良くも悪くも変わります。良い体験を数多く経験させたいものです。今回の体験活動で、トマト嫌いやピーマン嫌いの子どもが一人でも少なくなればいいなと思います。
DSCN1092.JPG
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。