2014年05月21日

力いっぱい演技した親子運動会

時折突風が吹き荒れるあいにくの天候となってしまいましたが、平成26年度新地小学校親子運動会を、演技種目全て無事に実施することができました。学年委員長・副委員長、厚生委員の方々には朝早くから会場準備のお手伝いをいただいたり、競技中の係を担当していただいたり、保護者の方々には最後の後片付けまでご協力いただきました。途中中断することもありましたが、おかげさまで予定した競技を全て実施することができました。また、開会式で「力一杯演技したり、大きな声で応援したりしよう。」と子ども達に話しましたが、初めて小学校の運動会に参加した1年生も最後まで一生懸命頑張ることができました。きっと子ども達一人ひとりの思い出に残る運動会なったことと思います。DSC_2709_R.JPG
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

平成26年度運動会

5月17日土曜日、親子運動会が開催されました。
大変強風の中、保護者の皆様、地域の皆様には温かいご声援をいただきありがとうございました。
DSC_2504.JPG
子ども達は、そんな強風にも負けず、すばらしい演技を見せてくれました。
厳しい条件の中でも、精一杯がんばる姿に感動を覚えました。

演技だけではなく、応援も一生懸命がんばりました。全校生取り組む運動会は子ども達の心にたくましさを育ててくれる大切な行事であることを改めて感じたところです。
DSC_2833.JPG

新地小学校の運動会では、上学年がダンス「RISING SUN」下学年が「YOSAKOI よいさー〜にほんよさこい数え歌〜」を踊りました。練習の成果を発揮し、心を一つにした踊りを発表しました。

921.jpg

保護者の皆様・地域の皆様には、朝の準備から片付けまで大変お世話になりました。子ども達は、これからも困難に負けずに頑張ってくれると思います。今後とも、温かいご支援をお願いいたします。

posted by かんかい at 14:40| 福島 ☁| 学校生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

トマトとピーマンの苗植え

今年もJAバンク福島及びJAそうまの「食農教育応援事業」からのご協力をいただき、各学年で総合的な学習の時間や生活科、家庭科などの学習の中で農業や食に関する活動を行います。
 5月7日(水)には3年生がプランターにピーマンの苗を、8日(木)には2年生がトマトの苗植えをしました。
JAそうまの事業担当の方から苗の植え方や肥料の与え方、管理の仕方などを教えていただきながらグループごとに子ども達自身の手で植え付けを行いました。どのグループも教えていただいたことをよく守り、上手に行うことができていました。
 トマトやピーマンを苦手とする子どもは多い傾向ですが、自分たちの手で育てた野菜は苦手としている野菜でも食べることができた子どもが多いと聞いています。直接に体験することで、子どもは影響を敏感に受けやすく、良くも悪くも変わります。良い体験を数多く経験させたいものです。今回の体験活動で、トマト嫌いやピーマン嫌いの子どもが一人でも少なくなればいいなと思います。
DSCN1092.JPG
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

繰り返し!繰り返し!

さわやかな季節となりました。校庭の桜の花は散ってしまいましたが、スイセンやチューリップなどの花が咲き、学校周りの木々の緑も一日ごとに濃くなってきています。1ヶ月前の入学式・始業式のときとは全く違った景色が、まるで子ども達の1ヶ月間の成長を表しているようです。1年生はすっかり小学校生活にも慣れ、2年生以上の子ども達もそれぞれ進級した学年で意欲的に学習や運動に取り組んでいます。6年生は6月の相新体育大会に向けた練習が始まり、大会に向けた強い意気込みを感じます。
 本日、5月1日(木)に行う予定でしたが雨のため順延した避難訓練を、地震発生とそれに伴う火災発生を想定して行いました。今年初めての避難訓練なので、事前に各学級で「地震発生直後の身の守り方と避難の仕方」について指導してから訓練を行いました。おしゃべりしたりふざけたりする子どもは一人もいなく、上手に避難することができました。全体会での校長の話では、「漢字やかけ算九九を覚える時、何度も何度も繰り返し練習します。避難訓練も同じです。同じことを繰り返し練習し、自分の命を守るために安全に行動ができるように頭や体に覚えさせることが大切です。安全な避難の仕方をしっかり覚えましょう。」と話しました。また、「学校で一番大切な勉強は、自分の命を守る勉強です。真剣に訓練に参加しましょう。」とも話しました。震災から3年が過ぎ、少しずつ危機意識も薄れがちですが、大切な命を守るため、まず私たち大人が常に危機意識をしっかりもつことが大切です。ご家庭においても、緊急時の避難の対応について話し合っていただければと思います。008.jpg
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。