2014年02月28日

点字体験教室

2月27日(木)に相馬の点字サークルの方々4名をお招きし、4年生で点字体験教室を行いました。4年生では総合的な学習の時間の学習内容として「福祉・健康」についての学習活動を行っています。今回は点字を体験する学習でした。身の回りで、点字で表示されている物を考えたり、点字の読み方を教えていただいたりした後、実際に自分の名刺を点字で作りました。興味をもって取り組む子ども達がとても多く、家族の名刺まで作ったり自分の名刺に少し工夫を加えたりした子どももいました。DSCN1025.JPGs-P2270033.jpg
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 学校生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

キャリア教育の取り組みから

 2月26日(水)、6年生でキャリア教育の取り組みの1つとして郡山市にある国際アート&デザイン専門学校から講師を招いて声優になるための活動の実体験をしました。
声優という職業は、子ども達が将来なりたい職業でとても人気のある職業なので、講師の方からの話にもほとんどの子どもが真剣に聞きいっていました。そして、声優になるためには体力が必要であることとか、毎日2,3時間のボイストレーニングが大切であることなどを聞き、少し驚いていたようでした。また、実際にアニメの原稿を読む体験をしましたが、とても上手に読む子どもが多く、講師の方も驚いていました。終了後、「今まで行った小学校で一番上手でした。」という話もいただきました。
 キャリア教育とは、子ども達一人一人の職業観や勤労観を育てる教育のことで、昨年9月に全学年が様々なところに出かけ、牛や山羊の世話をしたり、かまぼこ工場で実際にかまぼこを作ってみたり、福島大学を見学したりした体験学習もキャリア教育の一環として取り組んだものです。
 今の子どもたちは、インターネットやテレビなど情報機器の発達で、様々な情報は入手しやすくなり家にいながらまるで実際に体験したかのような疑似体験ができるようになった反面、自分の力で道を切り開いていくという実体験や生活体験が乏しくなったといわれています。いろいろな職業の人や大人との触れ合い、その人の生き方や価値観などを学ぶことで、今の学びが自分の将来や職業につながるということを知り、自らの生きる力を高めていこうとする意欲を高めさせていきたいと考えています。s-P2260002.jpg
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

琴体験教室

2月25日(火)に新地町三曲サポート会をお招きし、6年生が琴と尺八の体験教室を行いました。日本の音楽や世界の音楽について5・6年生の音楽で学習しますが、鑑賞として音楽を聴くだけの活動となってしまいがちです。そこで新地小では3年前から日本の伝統楽器である琴の体験教室を行っています。今年は尺八も体験もすることができ、子ども達は思うように音が出なく驚いていたようです。練習後、5年生を招待して「さくら」を演奏しましたが、1組2組ともに大変上手に演奏することができました。演奏体験だけでなく、礼儀作法まで教えていただきとても貴重な体験をした琴体験教室でした。DSCN1009.JPGDSCN1010.JPG
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 学校生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

小さな親切運動実行者表彰

 2月24日(月)に新地小学校校長室で「小さな親切」実行者へ、東邦銀行相馬支店長から表彰状と実行章の贈呈が行われました。
 「小さな親切」運動とは、昭和38年に心の豊かさと人間を大切にする思いやりの「心の芽」を育てようとスタートした運動です。周囲の人への思いやりや勇気づけるような行為など、普段見過ごしがちな「小さな親切」を讃えるものです。この歴史ある運動で、本校から6年生と4年生の3名が表彰されたことは、今年度の道徳教育のなかで「思いやりのある言動」を重点の1つとして指導してきたこともあり大変嬉しく思っています。
 全校朝会では3名の受賞を紹介し、3名が行った行為の素晴らしさや大切さについて話しました。今後もこのように相手を思いやり勇気をもって行動できる子どもたちが増えるよう指導していきたいと思います。
posted by かんかい at 00:00| 福島 ☁| 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

感染症の予防について(児童健康委員会)

 本日の感染症での出席停止者は、インフルエンザの児童1名と溶連菌感染症の児童1名となっています。インフルエンザは県内、そして相双地区でも流行が見られており、本校でも今後流行することを懸念し、手洗い・うがい・マスク・アルコール消毒の指導の徹底を図っているところです。そんな中、児童健康委員会の児童がテレビ放送で、劇によってインフルエンザとかぜとノロウイルスの予防について呼びかけるための劇を行いました。





風邪菌.png
 ノロウイルスとインフルエンザウイルスとカゼのばい菌が登場しました。
インフル・かぜ「俺たちは、空気中やドアノブやスイッチなどにへばりついているよ。」
ノロ「俺は、トイレや誰かが吐いた物の中に集団で住んでいるぜ。」 







ノロウイルス.png
 ばい菌たちを、退治するためにアルコール消毒をかけましたが、ノロウイルスだけは逃げて行きません。
ノロ「わーはっは。ノロウイルスのオレ様には、アルコール消毒は効かないのだ。」







村上先生.png
 栄養技師からは、風邪を引かないための二つのポイントの指導がありました。
ポイント1 栄養バランスの良い食事
ポイント2 あたたかいメニューで体を冷やさない





hokennsidou.png
 養護教諭からは、ウイルスが好きな場所と、その対策についての指導を実施しました。


 子どもたちが自分の体に関心を持って、健康を考えた生活ができるよう、これからも児童健康委員会は活動していきます。



全員集合.png
 今月のテレビ放送は、児童健康委員会の4年生が担当しました。
posted by かんかい at 08:48| 福島 ☁| 保健室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。