2013年06月07日

緑化プロジェクト

本校では、震災以降、放射線の問題があり花壇や畑の土に直接触れて栽培活動をすることができませんでした。
主にプランターや鉢を利用しての植物栽培ばかりでしたが、今年度は、保護者の奉仕作業で土を入れ替えて花壇を作り、花苗を植える活動を行いました。

今回、500本もの苗を提供していただくことになったのが、セブンイレブン緑化プロジェクトの支援です。ところが、もともと本校ではそれだけの花を植える花壇自体がありませんでした。

そこで、震災以前はサツマイモやジャガイモなどを育てていた場所を保護者の皆さんに耕していただき、培養土や肥料を入れて新たな花壇作りを実施。今までほとんど使っておらず、大変堅くなっている土を起こすのはかなかな大変な作業です。保護者の皆さん、ありがとうございました。
DSCN6135-1.jpg

学校に届いた支援の内容は、マリーゴールド、サルビア、ブルーサルビア合わせて500本の苗、その他培養土やプランター等もいっぱい。

6月6日には、プロジェクトの皆さんも来校し、子ども達と一緒に苗を植える作業を実施。
ポットから苗を出してそっと植える子ども達は真剣そのもの、土の感触がとっても嬉しそうです。

一人での作業が難しい1年生には6年生がていねいに植え方を教えてあげていました。頼もしい上級生の姿だと、プロジェクトの方も感心することしきり。こういった五感を通して植物とふれあったり、異学年で交流したりすることが子ども達にとっては心を育てる豊かな体験になっていきます。
DSCN6154-1.jpg

植え終わった花壇は、今後ボランティア委員会や生き物委員会が役割を分担して世話をしていきます。
たくさんの花がきれいに長く咲き続けるように全校生で見守っていきたいと思います。
DSCN6156-1.jpg
緑化プロジェクトのみなさん、ありがとうございました。



posted by かんかい at 15:40| 福島 ☁| 学校生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

走った!投げた!跳んだ!相新体育大会

 震災のため3年ぶりに相馬新地地区小学校体育大会が6月5日(水)角田市陸上競技場において開催され、13校467名の6年生が14種目の種目で競い合いました。
 新地小学校の6年生はこの大会に向けて昨年度の3学期から体力づくりなどを始め、6年になった今年も朝の活動や放課後などで一生懸命練習に取り組んできました。そして6月5日(水)、約5ヶ月間に及んだ練習の成果をいかんなく発揮し、大変立派な成績を修めました。
 今年新調したスカイブルーのユニフォームを着て、それぞれの競技に臨みました。緊張した表情でスタートラインに並ぶ子ども。歯を食いしばって走り続ける子ども。転んで悔し涙を流す子ども。実力を発揮し笑顔いっぱいの子どもなど、子ども達一人一人にそれぞれのドラマがそこにあったように感じます。入賞した子ども達はもちろん大変よく頑張りましたが、入賞できなかった子ども達も自己ベスト記録を出し、全員が一生懸命に頑張った感動的な体育大会でした。大会終了後に撮った記念写真。6年生全員のすてきな笑顔からもよい思い出となった相新体育大会でした。ご協力、ご支援をいただきました6年生保護者の皆様、ありがとうございました。
posted by かんかい at 00:00| 福島 | 校長室から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。